自分らしく生きるため自己肯定感を高める1番必要なこと

今の自分を良しとできない

0d74a04714e552705dfcd1bd3336d162_s

・自分を肯定できない
・自分を否定してしまう
・自分のことが認めることができない

こんな時はないでしょうか。僕はありました。
10年前くらいに精神的に大きなショックを受けることがあって、それから何をするにしても自信が持てないし、自分を否定してしまう毎日でした。

そんな時は健康状態も悪くて、精神的にも肉体的にも不安定でした。
それから仕事柄、自分で体の健康は回復させていって、いろいろな自己啓発の本やセミナーなどを受けることで精神的な面も落ちつきました。

僕は、自分でカイロプラクティックのお店を開業して10年を超えましたが、たくさんの方を施術していく中で早く良くなる人と時間のかかる人の差をいろいろ検証していく中で自己肯定感が低い人は、健康の回復も時間がかかっていることが多いなということに気づきました。

自己肯定感を正しく持てない人の特徴

自己肯定感を正しく持てない人の特徴に環境があります。
家庭環境・職場・学校・親戚いろいろな環境で下記のような人はいなかったでしょうか?

・否定、批判がちな人がいた。
・文句をよくいう人がいた
・ガミガミいう人がいた
・罰する人がいた
・自分の思うようにしようと褒美で釣る人がいた

こんな人が近くにいる、合う頻度が多かったりするとその環境から、

・自分はダメなんだな
・自分は間違っているんだ
・できない自分のイメージになっている

こんな風になってしまいます。これは、環境から作られてしまうのでこんな状況の中で自分を肯定していくことは至難の業。
環境は、自分の肯定感に大きく影響しますのでこれまでの環境が悪かった人は自分を責めずに環境の影響があったのだと正しく認識してもらいたいです。

人と比べてしまう

他にも自己肯定感が上がらない要素としては

・自分の悪い所に目がいく
・人の良いところに意識がいく
・人との比較が多い
・自分を褒めるのが苦手で、人からほめられることも苦手
・過去にこだわっている

などもあります。特に注意してもらいたいのが人との比較です。
ついつい、となりの芝生は青いと思いがちですが、自分の芝生も青いと思って下さいね!

相手の得な分野でなく、自分の得な分野で話をする、勝負することも大事です。

例えば、
・収入が高い
・学歴がある
・社会的地位が高い
・容姿がいい
・テレビに出ている
・有名

というのも全部、だから何?

と思って下さい(笑)
上に書いたことがスゴイことでも、偉いことでも全然ありませんよね。
相手の得意、勝てる分野でなく自分が勝てる分野に意識を持って下さい。

最後に1番大事なこと

肯定感を上げるのに一番大事なことを書きます。
ひとこと、それは

自分を応援してくれる人が1人いるかどうか

0人と1人は、全然違います。
1人と2人、3人はそんなに大きく変わりません。1人いるかいないかが大きく違います。

友達でも家族でも、職場の仲間でも誰でもいいです。自分を応援してくれる人はいるでしょうか?よく考えたらいつも力になってくれてる人やココという時にはいつも助けてくれる人。
いつも暖かく見守って応援してくれている人を再認識する。

そして、その人と自分を中心に考えて会いたいタイミングや頻度で会えているか。
1ヶ月に1度か、週に1度か。半年に1度か。どれくらいの頻度であるのが自分にとって1番良いのかを考えて、会うように連絡をしてみてください。

ポイントは、会えなくてもいいからこちらから連絡をすることです。

こちらのタイミングで声をかけるわけなので、当然向こうも都合があります。だからいつも会えなくてもOK。こちらから会うオファーを出すということが大事になります。

会う前から、相手のことを考えて連絡ができない、しないということはナシですね!

ぜひ、正しく自分を知って自己肯定感を高めてくださいね。

6

ホーム ●施術メニュー ●受けられた方の声 ●アクセス ご予約・お問い合わせ 

●かみにしカイロ

<大阪市 本町店> 自己肯定感回復もできるカイロプラクティック
<奈良 大和高田店>セルフイメージもアップするカイロプラクティック