アラフォー女性 他人と比べて自分の正直な気持ちが言えずに

自分の心のモヤモヤがなくなると

カラダも心も整って自分らしく生きるための施術。
両方整った。
そして、どうなったか?

罪悪感

こんなメールを頂きました。
もし、同じようなことで悩まれている方は想像してみてください。

人に対しての罪悪感がなくなったら、どれだけ気持ちが軽くなるでしょうか♫

どうしてこんなことができるのか?
は、本文の真ん中後半あたりです。

ちなみに内面的なストレスを取るとどうなるか。

・会社の人間関係は変わらないけど、前ほど気にならなくなった
・よけいなことを考えなくななった
・過去に縛られなくない自分になった
・今を楽しめるようになった
・自分が本当にしたいことに素直になれてる

こんな実際の生の声をお聞きします。

さて先日、名古屋での施術のお話。

女性の患者さんの心のモヤモヤを解消する時に
何か最近でストレスに感じたり、抵抗感があったり
過去のことでも解消したいことはありますか?

と尋ねたときに

「家事を夫にしてもらった後になんとなく罪悪感があって
 ついごめんな。と言ってしまうんです」

というお言葉があり。

この方は、夫婦で共稼ぎでお子さんもいて
家事はお互いにする。
旦那さんは、どっちかというとやらされてるというよりも
自分から進んでしているので、好んでしている。
元々、そんな男性。

しかも、旦那さんのほうから

「ごめんな、じゃなくてありがとうでいいんじゃない?」

と言われるそうで。
でも、ついついごめんとしか言葉に出ないとのこと。

こんなことってありますよね。
頭ではわかっているけど、心が許さないというか
どこか抵抗感があるというか。ちょっとした罪悪感。
自分の本当の気持ちが出せないみたいな。

女性としての幸せと心の抵抗

そして、施術をしていってその罪悪感、抵抗感を取っていく中で
カラダのストレスの強さや反応の出方からわかったのが、

その方のお父さんとお母さんを見てきて育った環境や
自分の周りの女性からの影響であることがわかり。

というのも、その方のお父さんは家事は特にしない。
お母さんがすべてする。という純昭和なその時代のご夫婦。
それが良い悪いでなくそういう形。
その年代の人には多い形。

で、周りの女性も仕事をしてても、家事もする。
男性はあまり家事をしない。
でもそれが普通な家庭。

という自分の環境から見る世界がそうなってしまっていて、
でも、自分はそんなのは嫌と思っていて、縁あって一緒になった男性は
家事を好んでしてくれる。
だから、望んだいい夫婦のカタチなはずなのに
頭の中にある男性は家事をしないという世界と
今の家事をしてくれる旦那さんとの現実とのギャップが
心の抵抗や罪悪感につながっていました。

頭の中にあるモヤモヤが、女性として手に入れた幸せを邪魔していました!

内面的なものを内面から変えるのでなく、
外であるカラダから取り除くことができるのが
かみにしカイロの他にない施術。

th (1)

例えば、
レモンを口にした時のことを
頭に浮かべると

自然と口の中が酸っぱくなってきて
ダーッと唾液が出てきたり。
そんな経験は、どなたもあると思います。

これと同じで頭に浮かべてもらうこと
内面的なことがカラダに反応する。

この身体反応を使って、カラダという外からのアプローチで
内面的な心のひっかかりを取り除いて本来の自分へ戻していきます。

カラダを整えるところは、たくさんありますのでカラダが疲れた時はマッサージなどは抜群です。
ただ、かみにしカイロは、
内面的とカラダの両面が健康なのが本当の健康だと考えるので内面的な不安やストレスも施術で取り除きます!

カラダだけが元気になりたい方には合わない、世にもめずらしい施術をしています(^^)

施術メニュー ●施術の感想アメブロ版 ●アクセス ●ご予約・お問い合わせ 

●かみにしカイロ

<大阪市 本町店> 自分らしくなれる施術
<奈良 大和高田店>かなり変わったカイロ